38c1b84d79a0e16686c48c01c0d0c916_m

なぜ法人カードに申し込むべきなのか?カード毎の特徴を見て理由を知ろう

■法人カードをおすすめする理由

事業に欠かせないのが、クレジットカードです。
ただ代表者個人のクレジットカードを事業用として使うのはおすすめできません。
事業用には法人カードを使うのがおすすめです。

法人カードがおすすめなのは、以下のような理由があります。

・事業用と個人の支出を区別できる
個人用のクレジットカードを使っていると、ビジネスとプライベートの区別がつきにくくなります。
どれがビジネス?これはプライベート?と、どれがどちらの支出なのかがわからりづらくなってしまいます。
法人カードを使うことにより、明細書を見ればビジネスの支出も把握しやすくなります。
経費の流れもわかりやすくなりおすすめです。

・経理がしやすくなる
社員が経費を立て替えるときに、面倒なのが精算です。
しかし法人カードを使えば領収書をもらい後日経費を精算…という工程を省くことができるようになります。
経理の効率化を図れるのでおすすめです。
また法人カードには経理に役立つソフトを優待価格で使えたり、法人カードの明細を会計ソフトに連携できるサービスなどがあります。
こちらも経費をしやすくしてくれるでしょう。
経費が見えやすくなるので、社員の不透明な経費の使用を防止するメリットもあります。

・経費節減ができる
ポイントがたまる法人カードを使えば、ポイントを経費に充てることができます。
ポイントで備品を購入したり、出張旅費に充てれば、経費の削減になりおすすめです。
そして法人カードには、経費削減につながるサービスが付帯しています。
ビジネス用品の割引、交通費や宿泊費の優待といったサービスがあるのです。
法人カードがあるとないとでは、経費の金額が大きく異なることもあるくらいです。

・支払いを先伸ばしできる
法人カードを使っても、すぐに請求がくるわけではありません。
1か月以上、長ければ3か月ほど後に、支払いをすれば良いのが法人カードです。
支払いを先伸ばしできるので、その間に資金を別のことに使うことができるようになります。
キャッシュフローが良くなりますので、法人カードはおすすめです。

法人カードにはいくつものメリットがあると言えるでしょう。
年会費が必要になる、法人カードがあると思うと使いすぎてしまうなど、法人カードのデメリットを上げる人もいます。
しかし選び方や使い方により、このようなデメリットはなくすことができます。
法人カードはメリットの方が多くなりますので、ぜひ法人カードの導入を考えてみてください。

■JCB法人カード(一般)の特徴

スタンダードな法人カードとして、人気が高いのがJCB法人カード(一般カード)です。

JCB法人カードの特徴は、年会費が低いということです。
初年度は無料、翌年度から1,250円(税別)と、持ちやすい価格となっています。
追加カードも1,250円なので、社員に持たせても年会費負担はそれほど大きくないのが特徴です。

JCB法人カードの大きな特徴となるのが、ETCカードを複数枚発行できることです。
クレジットカード1枚に対し1枚しか発行できない法人カードもありますが、JCB法人カードはクレジットカード1枚に対し複数枚のETCカードを発行することができるため便利です。
個人であればETCカードが1枚でも良いかもしれませんが、法人となると足りないこともあるでしょう。
ETCカードを複数枚発行できるのはメリットです。

JCB法人カードは、ポイントとキャッシュバック型があるのが特徴です。
ポイント付与タイプは、通常のクレジットカードのように利用金額に対しポイントが付与されます。
基本的に還元率0.5%のポイント付与となりますが、JCB ORIGINAL SERIESパートナーではポイント倍率がアップします。
また海外での利用分は、ポイント2倍にすることが可能です。
法人カードの中では、ポイントを貯めやすいのが特徴です。

キャッシュバックタイプは、交通費や宿泊代金など出張旅費のみがキャッシュバックの対象となります。
最大3.0%の還元率となるので毎月出張が多いならお得ではあるのですが、月額利用金額がそれほどなければキャッシュバック率は低くなってしまいます。
1か月の利用金額が少ない、出張が少ないのであれば、ポイント型がおすすめとなります。

JCB法人カードは、ビジネスサポートもあるのが特徴です。
チケットレス国内出張は、かなり便利でおすすめです。
インターネットで予約ができるので、急な出張にも対応ができます。
またじゃらんコーポレートサービスが利用でき、お得な価格での宿泊が可能です。
出張旅費を節約できるのも特徴です。

そしてタスカリマックスでは、特別価格でオフィス用品を購入できるのが特徴です。
いつでも5%オフ価格になりますし、JCB法人カード向けのお得なキャンペーンも開催されています。
WEBで登録をすれば、すぐに使えるようになります。

JCB法人カードは将来的にゴールドカード、プラチナカードとランクアップさせていけるのも特徴です。

■アメックス・ゴールド法人カードの特徴

ステータスを重視するなら、おすすめなのがアメックス・ビジネス・ゴールドです。
アメックスならではの高いステータスを誇っており、持っていると一流の証となるのが特徴の法人カードです。

アメックス・ビジネス・ゴールドは、トラベルサービスが充実しているのが特徴です。
出張時にはあって良かったと思える法人カードでしょう。

まず国内旅行、海外旅行保険があります。
国内は5,000万円、海外は1億円と、他の法人カードに比べると補償金額が高いのが特徴です。
これだけの補償があれば、1枚で十分とも言えるでしょう。

そして空港ラウンジ無料利用サービスがあります。
国内空港は28、海外では2つの空港ラウンジを自由に使うことが可能です。
しかもアメックス・ビジネス・ゴールドは、会員本人だけでなく同伴者も1名までなら無料で利用できるのが特徴です。
同伴者まで空港ラウンジを無料で使える法人カードは、珍しいでしょう。

空港から自宅まで荷物を1つまで運んでくれる手荷物宅配サービス、空港と自宅の送迎をしてもらえるエアポート送迎サービスなどもあり、出張時には便利な法人カードです。
アメックス・ビジネス・ゴールドは年会費26,000(税別)円と安くはないのですが、出張が多いなら元は十分取れる金額でしょう。

アメックス・ビジネス・ゴールドはステータスが高く、審査通過が難しい法人カードと思われています。
しかし意外と審査通過がしやすい法人カードとも言われているのが特徴です。
法人カードは経営2年以上で、黒字経営でなければ発行できないという特徴があります。
ところがアメックス・ビジネス・ゴールドは開業したてで赤字経営であっても、審査に通過できているケースが多いのです。
「審査通過が心配だったけど、あっさり発行できてびっくり」という人もいるようです。
アメックス・ビジネス・ゴールドは経営者個人に返済能力があれば、法人としても信用がそれほどなくても審査通過できる法人カードのようです。
経営者のクレヒスが良ければ、発行できる可能性が高いのが特徴です。
法人カードは審査が…と思っているような経営者にも、おすすめの法人カードです。

アメックス・ビジネス・ゴールドは、現在30,000ボーナスポイントを獲得できる入会特典があります。
さすがアメックスの法人カードということで、ボーナスポイント数も高くなっています。
入会から1年間で200万円以上を使って、ボーナスポイントをゲットしてください。

■セゾンアメックスプラチナ法人カードの特徴

コストパフォーマンスが高い法人カードとして、人気が高いのがセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスです。
法人カードとしては最高クラスとなるプラチナカードなので、ステータス性が高いのも特徴です。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは、年会費が手ごろなのが特徴です。
プラチナカードとしては格安の20,000円(税別)のうえ、年間100万円以上の利用があれば10,000円(税別)になるのが特徴です。
ゴールドクラスの法人カードでも、年会費は普通に10,000円くらいにはなります。
プラチナカードをこの価格で持つことができるのは、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスくらいではないでしょうか。

そしてセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは、ポイントやマイルを貯めやすい法人カードです。
通常のポイント還元率は0.5%ですが、海外での利用は2倍の1.0%になります。
さらに永久不滅.comを経由すれば、ポイントを倍率をもっと上げることも可能です。
またセゾンマイルプランを利用すれば、JALマイルがたまりやすいのも特徴です。
利用1,000円ごとに10マイルがたまり、さらに2,000円利用ごとに1ポイントの付与があります。
ポイントはJALマイルに移行することも可能です。
マイルを貯めて出張旅費に充てれば、経費の削減になります。
JALでの出張が多いのであれば、おすすめの法人カードです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスはプラチナの法人カードということで、審査が厳しくホルダーになるのは難しいと思うでしょう。
プラチナカードはクレジットカード会社からのインビテーションのみでしか、発行ができないものもあります。
しかしセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは、自分で申込みができるプラチナ法人カードであるのが特徴です。
欲しいと思ったら申込をすることができるので、比較的発行しやすいと言えるでしょう。
またセゾンアメックスは、非常に審査が厳しい!というものではないようです。
セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスも、プラチナクラスとしては、審査が厳しすぎて…ということはないでしょう。
チャレンジしてみる価値はある法人カードです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスは、コンシェルジュサービスやプライオリティパスなど、あると便利なサービスもしっかり付帯しています。
特にプライオリティパスが付帯する法人カードはそれほどありませんので、貴重であると言えるでしょう。

■おすすめライフカード法人カード

法人カードの年会費負担を抑えたい場合に、おすすめなのがライフカードビジネスです。
法人カードは年会費有料という概念を覆してくれるのが、ライフカードビジネスです。
年会費はなんと永年無料。
どんな使い方をしても年会費無料の法人カードは、ライフカードビジネスくらいでしょう。
またライフカードビジネスは、追加カードもすべて年会費無料です。
さらに社員用の追加カード、ETCカードの発行枚数は無制限です。
ETCカードは発行手数料も無料ですので、全くコストをかけなくても良い法人カードなのでおすすめです。
事業を拡大し社員が増えたときも、追加カードの発行枚数が無制限なら焦ることもないでしょう。

そしてライフカードビジネスは、審査通過がしやすい法人カードでもあります。
法人カードが欲しいけれど、審査が厳しくて…ということは多いものです。
法人カードは個人向けのクレジットカードより審査通過しにくく、カンタンに発行がでいないというイメージがありますからね。
ライフカードビジネスは、審査通過が不安な経営者にもおすすめです。
利用限度額100万円までなら、提出書類も最小限ですみます。
法人であれば登記事項証明書と代表者の本人確認資料、個人事業主なら事業主の本人確認資料のみで良くなっています。
個人事業主にいたっては、個人向けのクレジットカードと同じ必要書類を提出すれば良くなっています。
確定申告書や決算書の提出が不要ということは、審査が柔軟である可能性が高いでしょう。
経営者のクレヒスに問題がなければ発行される可能性が高く、法人カードの審査では不利になってしまう開業から2年未満の法人や、赤字経営である法人にはおすすめです。
他の法人カード審査は厳しくても、ライフカードビジネスなら審査通過できるかもしれません。

ライフカードビジネスは500万円以上の利用限度額にすることもできます。
審査は柔軟でも、100万円だと物足りない…ということがあるかもしれません。
その場合はのちに利用限度額を増枠を行えば良いでしょう。
とりあえず100万円の利用限度額で審査通過を目指し、発行後に増枠を目指すのがおすすめです。

そして法人カードには珍しく、一括払いの他分割払い、ボーナス一括払い、リボ払いといった支払い方法を選べるメリットもあります。

ただライフカードビジネスは、ポイントがたまらない法人カードになります。
ポイント付与がない代わりに、年会費無料にしている法人カードなのです。
ポイントを貯めたい場合は、他の法人カードがおすすめとなります。