63515349bf228251f9b6397b8a88da1e_m

法人カードの特徴を比較してみた

■法人カードのポイント還元率を比較

法人カードはポイントがたまらないというイメージがあるようです。
以前の法人カードは、ポイント付与サービスがないものが多くありました。
それが今も尾を引いているようです。
しかし現在はポイント付与がない法人カードもありますが、しっかりポイントを貯めることができやすくなりました。
ポイントのたまりやすさを比較して、法人カードを選ぶのもおすすです。

法人カードのポイント還元率は、0.5%とするものがほとんどです。
還元率1.0%以上となるクレジットカードはあふれているのですが、法人カードはそうはいかないようです。
0.5%ならそれほどポイントを貯められないのでは?!と感じるかもしれません。
ですが法人カードは個人と比較すると、利用金額がかなり高くなります。
利用金額が高ければ、付与されるポイントも多いことになります。
たとえ0.5%であっても、バカにできない数字ではないでしょうか。

法人カードの中には、0.5%以上のポイント還元率となるものもあります。
ポイント還元率を重視するなら、0.5%以上の法人カードを比較検討しましょう。
楽天ビジネスカードは、ポイント還元率1.0%です。
一般的な法人カードと比較すると、2倍のポイントをためられる法人カードです。
楽天市場ではさらにポイント4倍などの特典があり、ポイントはたまりやすいでしょう。
楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードにビジネスカードを追加発行する形になります。
まずは楽天プレミアムカードの取得を目指してください。

また海外利用が多いなら、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスもおすすめです。
通常のポイント還元率は0.5%ですが、海外利用分は1.0%にアップします。
セゾンマイルクラブに登録をすれば、JALマイルを貯めることも可能な法人カードです。
たまったマイルで出張をすることもできます。
プラチナクラスの法人カードでありながら、年会費は税別20,000円と格安。
年間200万円以上の利用があれば、翌年度は年会費が半額の税別10,000円になる特典もあり、他の法人カードと筆画してもコストパフォーマンスが高くなっています。

法人カードのポイントは、オフィス用品などの購入に使うことができます。
また出張旅費に充てることも可能です。
法人カードを使えば使うほど、ポイントで経費の削減ができるとも言えるでしょう。
ポイント還元率を比較して法人カードを選ばないと、後で後悔する可能性が高いです。

■法人カードの出張に役立つサービスを比較

法人カードはさまざまなサービスが付帯しています。
出張が多い法人は、出張に使えそうなサービスを比較するのが良いでしょう。

出張に役立つサービスとして、まず挙げられるのが国内旅行保険、海外旅行保険です。
出張のたびに保険をかけると、保険料も必要になり手間もかかります。
旅行保険が付帯する法人カードがあれば、大切な社員を守ることができます。
旅行保険付帯のの有無を比較しておきましょう。

旅行保険で比較をしておきたいポイントは、利用付帯か自動付帯かです。
利用付帯は出張にかかる旅費を法人カードで支払わないと、補償がされませんので注意が必要です。
自動付帯は法人カードを持っているだけで、補償を受けることができます。
どちらが良いかというと、自動付帯の方が便利で安心ではあります。
そして補償金額や補償内容も比較をしておきましょう。
死亡や後遺障害時の補償金額だけでなく、疾病治療、傷害治療の補償金額も比較しておくのがおすすめです。
補償内容は法人カードのグレードがアップするほど、充実する傾向にあります。
一般クラスだと、やや物足りない補償金額と感じてしまうこともあります。

それから空港ラウンジ無料利用サービスの有無を、比較するのもおすすめです。
空港ラウンジの利用は、通常有料となってしまいます。
しかし法人カードがあれば、無料で利用することができるのです。
空港ラウンジは休憩もできますが、仕事をすることもできます。
Wi-Fi環境も整っていますので、パソコンを使っての仕事もしやすいです。
あると便利ですので、出張が多いなら欲しい法人カードのサービスです。
どの空港ラウンジが利用できるかの比較も忘れないでください。

そのほか空港と自宅間の送迎サービス、手荷物宅配サービス、空港駐車場料金の優待、航空券チケットレスサービスなどといったサービスがあります。
比較をして自社に合ったサービスがある法人カードを選びましょう。
ただ一般クラスの法人カードには、付帯しないサービスも多々あります。
利用したいのであれば、ゴールドクラス以上の法人カードを発行するのがおすすめです。
またプラチナクラスの法人カードになると、コンシェルジュサービスが付帯します。
依頼をすれば航空券や宿泊施設の手配などをしてくれますので、急な出張時もあせらずにすみます。
24時間365日利用が可能というのも便利ですね。
法人カードのコンシェルジュサービスは、秘書といった感じでしょう。

■法人カードの経費削減ができるサービスを比較

法人カードは経費削減につながるサービスもあります。
経費削減をしたいなら、こういったサービスを比較して法人カードを選びましょう。

日常的に使うオフィス用品が割引になると、経費削減になるのではないでしょうか。
JCB法人カードではタスカリマックスで、オフィス用品が5%オフになるサービスがあります。
またアスクルでは優遇価格が適用されます。
アスクルは事務用品のほか、食品や日用品など取り扱い商品が多いです。
ここだけでオフィス用品をそろえることもできるので、優待価格になるとかなり経費削減ができるでしょう。
JCB法人カードは一般クラスなら、年会費税別1,250円で発行できます。
格安の年会費でオフィス用品を格安で購入できるとなると、他の法人カードと比較してもかなりコストパフォーマンスが高い法人カードになるはずです。

オフィス用品を楽天市場で購入するなら、楽天ビジネスカードがおすすめです。
楽天ビジネスカードを楽天市場で使えば、ポイント還元率はいつでも4.0%です。
4.0%というと、4%の割引になったと同じことになります。
キャンペーンなどを利用すると、もっと還元率を上げることもできおすすめです。
法人カードはポイント還元率が非常に高いものは少ないです。
1.0%も高い方になるのですが、楽天市場限定といえども4.0%となるのは驚異的と言えるでしょう。

出張時の経費を節約したいなら、航空券や宿泊施設が優待価格になるかを比較してみましょう。
おすすめなのは、アメックスの法人カードです。
アメックスの法人カードには、国内・海外でのホテルやレストランが優待価格になるサービスがあります。
出張旅費を節約することができる法人カードでしょう。
海外出張が多い事業主にはおすすめです。

また法人カードでポイントやマイルをためるのも、経費削減につながります。
現金代わりに使えるポイントであれば、それを経費に充てましょう。
マイルは航空券に交換をすれば、出張旅費の削減となります。
ポイント還元率を比較して、ポイントがたまりやすい法人カードを選ぶのがおすすめです。

そのほかタクシーチケット、レンタカーの特別価格サービスなどがある法人カードも、経費削減ができるでしょう。
法人カードの選び方次第では、削減できる経費に大きな差がでることも考えられます。
法人カードはじっくり比較して、使う頻度が高いと思われるサービスが多く付帯するものを選ぶようにしてください。

■法人カードの経営に役立つサービスを比較

法人カードならではのサービスはあると便利です。
個人向けカードにはないサービスですので、事業主はやはり法人カードを発行するのがおすすめです。
法人カードの仕事の効率が上がるサービスを比較してみましょう。

代表的なサービスが、会計ソフトサービスです。
これがあるだけで、非常に経理がラクになります。
確定申告時期に頭を悩ます…という個人事業主も多いですが、法人カードのサービスがあるとラクラク処理ができるようになるでしょう。
ソフトが自動的に計算をしてくれるので、自分で計算をするより間違いもなくなります。
クレジットカードの利用明細と連携して、自動的に計算してくれるソフトもあります。
また会計ソフトの利用金額が2か月間無料になる法人カードもあり、経費の削減にもなります。
ソフトの種類は法人カードにより異なりますので、比較してみてください。

そして4半期管理レポートサービスがある法人カードは、経営状況や経費管理がしやすくなります。
事前に登録しておけば、無料で利用することが可能です。
自分で分析をするのは面倒なので、クレジットカード会社がやってくれると助かるのではないでしょうか。
そのほか帝国データバンク、商工リサーチなどの過去データを確認できるといったサービスがある法人カードもあります。

経営についての悩みがあるなら、専門家への相談ができるサービスがある法人カードがおすすめです。
経費、人事、経営方針など、事業主に悩みはつきものです。
そんなときに状況に応じた専門家を紹介してくれるサービスがあります。
個人で利用すると有料ですが、法人カードであれば無料で何度でも相談することも可能です。
的確なアドバイスは、事業の発展につながることでしょう。
最近うまく行かないな…と感じていれば、こういったサービスがあるかを比較して法人カードを選んでみましょう。

それから福利厚生サービスを比較するのもおすすめです。
法人カードには、福利厚生サービスが付帯するものがあります。
宿泊施設や飲食店、レジャー施設などでの優待などが受けられお得です。
本カード利用者だけでなく、追加カード発行者や同伴者も利用可能な場合もあります。
福利厚生サービスがあれば、経営者だけでなく社員も満足できる法人カードとなるでしょう。
福利厚生サービスは無料もありますすが、有料となる場合もあります。
法人カードならではの優待価格とはなっていますが、利用料金を比較するのも忘れないようにしてください。

■法人カードのステータスを比較

クレジットカードはステータスで選ぶというケースもあります。
法人カードもステータスで比較するのは正しい選択でしょう。

法人カードのクラスは、一般カード、ゴールドカード、プラチナカードがあります。
比較をするとステータスが高いのは、プラチナカードです。
一般カードでステータスを感じるのは難しいと思われます。
ステータスを気にするなら、最低でもゴールドクラスの法人カードを発行するのがおすすめです。
ちなみに個人向けカードには、プラチナカードの上位となるブラックカードが存在しています。
しかし法人カードには、現在のところブラックカードは存在していないようです。
プラチナクラスが最上位の法人カードとなります。
ステータスが欲しいのであれば、プラチナカードの取得を目指しましょう。

法人カードを比較して、ステータスが高いのはダイナースクラブビジネスカードになります。
ステータスといえばダイナースクラブというくらいですからね。
ただ審査が厳しいため、誰でも発行できないのが難点です。

そしてアメックスビジネスも、ステータスが高い法人カードです。
アメックスビジネスゴールドは、おすすめ度が高い法人カードです。
比較的審査に通りやすい法人カードです。
法人カードは開業から2年以上が必要で、赤字経営だと審査通過は難しいと言われています。
しかしアメックスビジネスゴールドは、法人としてよりも経営者個人の信用で発行をしてくれる法人カードです。
法人としても信用が低くても、発行できる可能性があるのです。

プラチナカードでは、セゾンプラチナアメックス・ビジネスがおすすめです。
プラチナカードではありますが、年会費が20,000円(税抜)と比較的お手ごろです(年間200万円以上の利用で10,000円にすることも可能)。
セゾンカードの発行となりますがアメックスブランドなので、ステータスも申し分ありません。

ステータスが高い法人カードと低い法人カードを比較すると、信用できるのはどちらでしょうか。
ステータスが高い方と答える人が多いでしょう。
法人カードは接待などで使用することも多く、ステータスがない法人カードだと「取引をしても大丈夫か?!」と取引先に思われてしまう可能性があります。
ステータスが高い法人カードなら信用ができ、取引をしたいと思わせやすいです。
個人向けカードであれば一般カードでも特に問題ないと思われますが、法人カードはステータスを気にするのがおすすめです。