17196336a11f0b6ef82a40d5778d1ef1_m

まだまだ法人カードの特徴を比較していく

■法人カードの審査基準を比較

法人カードを作る最初の難関が審査になります。
審査落ちしてしまうと、法人カードを利用することはできません。
審査落ちとならないためには、審査基準を比較することが重要となります。
申込基準を必ず確認して、審査に通過できるかを見極めるようにしましょう。

法人カードは、二期以上の黒字経営であること、開業から2年以上経過していること、法人口座があること(個人事業主は個人口座でも可)、固定電話があることなどが審査通過する条件になると言われています。
一つでもクリアできていないと、審査に落ちてしまう可能性が高くなります。
個人向けカードと比較すると、審査基準は厳しくなってしまうでしょう。
すべての条件をクリアするのは、難しいと言えるかもしれません。

しかし審査がそれほど厳しくない法人カードもあります。
法人は赤字経営であっても、帳簿上赤字になっているだけという事実も少なくはありません。
税金対策として経費を多く計上するなどして、実は儲かっているのに赤字ということにしている法人もあるのです。
そうなると、赤字経営でも法人カードを発行できやすくなります。
決算書をみると経営が苦しくて赤字なのか、税金対策で赤字なのかの判断はおおむねできるそうです。
法人カードの審査を何例をしていれば、おのずとわかってくるのだとか。
なので書類上は赤字であっても、法人カードに申込みをするのは間違いではないでしょう。

また開業から2年以内であっても、審査通過できる法人カードも存在しています。
代表的なのはアメックスビジネスゴールドです。
経営者個人に返済能力があり信用できるとなれば、発行されやすい法人カードです。

そして年会費無料のライフカードビジネスも、比較的審査が甘い法人カードとされています。
年会費無料クレジットカードは審査が甘い傾向にありますが、法人カードにも当てはめることができます。
ライフカードビジネスはポイント付与がないのですが、年会費無料なので気軽に持つことができるでしょう。
法人カードってどんな感じ?!という経営者は、お試し感覚で使ってみても良いかと思われます。

法人カードの審査が心配だからといって、何社も申込をするのはおすすめできません。
数うち当たる方式は、法人カードには通用しないからです。
法人カードに申込みをするときは、審査基準をしっかり比較検討するようにしましょう。
そして確実に審査通過できそうな、法人カードを選ぶようにしてください。

■法人カードの支払方法を比較

法人カードの支払方法は、通常一括払いとなります。
個人向けカードはリボ払いや分割払いなどを選択することができますが、法人カードはそれができないのです。
ただ一括で支払うのは大変だな…ということもあるでしょう。
資金繰りがうまく行かないときは、リボ払いや分割払いができる方が便利です。
特に個人事業主や規模が小さい零細、中小企業におすすめです。

それなら法人カードの支払方法を比較して選んでみましょう。
法人カードには数は少ないですが、リボ払いや分割払いを選択できるものがあります。
多様な支払い方法が用意されているのが、EX Gold for Biz iD×QUICPayです。
一括払いだけでなく分割払い、リボ払い、据置き一括払い、半年賦併用払いから選択することができます。
状況により支払い方法を選べるのは、この法人カードくらいでしょう。
他の法人カードと比較しても、リボ払いが可能なものはほぼありません。

ただリボ払いや分割払いは、できれば利用したくない支払い方法です。
支払い手数料が必要になるため、一括払いと比較すると無駄に費用がかかってしまうためです。
基本的には一括払いを使い、どうしてもというときにリボ払いや分割払いを使うようにしましょう。
どうしても一括払いでは支払いができない…というなら、2回払いまでは手数料無料となるJCB一般カードもおすすめです。
手数料無料であれば、2回払いで1回の支払い負担を減らすのも良いでしょう。

法人カードの支払方法が一括払いのみが多いのは、他の支払い方法は需要が少ないからのようです。
一気に返済できるのであれば、一括払い以外を選択する必要はありません。
わざわざ支払い手数料が必要になる、リボ払いや分割払いを使う意味はないですからね。

何度かに分けて支払いをするより、一回で支払った方が経費の管理がラクという面もあります。
法人カードの残高がいくらで、支払い回数が何回残っていて…と、把握をしなければならないのは面倒です。
一括で支払いをした方が、法人としてはメリットが多いのです。

クレジットカード会社としては支払い手数料が入るので、分割払いやリボ払いを選択してくれた方がありがたいでしょう。
しかし利用限度額が高くなりがちな法人カードでは、分割払いやリボ払いをされると回収ができなくなる可能性が出一括払いと比較すると貸し倒れリスクが高くなるので、最初から使えないようにしているのです。
そのため一括払いのみとする法人カードも多いようです。

■法人カードのキャッシングを比較

クレジットカードはショッピング機能だけでなく、キャッシング機能を使うことができます。
しかし法人カードは、キャッシング機能が付帯できないものがほとんどです。
キャッシングをするなら銀行カードローンや消費者金融からとなります。
ただ個人向けのキャッシングは、事業用資金としての利用は禁止されています。
個人として借りるなら良いですが、事業資金に回したい場合は事業主ローンを利用しなければなりません。

ただ一部の法人カードでは、キャッシングができるものがあります。
いざという時に現金を借りたいならば、キャッシングができるかを比較するのがおすすめです。

キャッシングができる法人カードは、個人事業主向けのEX Gold for BizSです。
10万円から100円までのキャッシングができるようになっています。
しかし法人カードのキャッシングを、アテにするのはやめましょう。
EX Gold for BizSのキャッシング金利は、100万円未満18.0%、100万円以上15.0%となっています。
これは消費者金融と比較すると、同じくらいの金利となります。
決して低金利ではないのです。
何度も借りてしまうと多くの利息を支払わなければなりませんので、日常的に使うのはおすすめしません。
今すぐ少額のお金が必要といったような緊急時のみに、使うようにすると良いでしょう。
ちなみに法人向けとなるEX Gold for BizMは、キャッシング機能は付帯していません。
あくまでも個人事業主向けのサービスとなります。

個人事業主ではなく法人としてキャッシングができるのは、P-one Business MasterCardです。
個人事業主でも法人でも発行が可能な法人カードです。
こちらは300万円までの限度額となり、金利は12.0%~17.95%となります。
比較的高額を借りることができるのが特徴ですが、この法人カードも金利は低くありません。
比較すると銀行カードローンの方が、低金利で借りれられると言えるでしょう。
利用すると利息がかかることを忘れないようにしなければなりません。

法人カードのキャッシングは、あれば便利なものです。
しかし法人カードで借りる前に、他から借りれるところはないかを考えてください。
法人カードと比較して金利が格安になる公的融資を、ダメなら銀行融資、それでもダメなら銀行カードローン、それでもダメなら最終手段として法人カードのキャッシング…という順番が良いでしょう。

■法人カードの人気度を比較

法人カードは人気度で比較をする選び方もあります。
人気が高い法人カードであれば、誰でも満足できる可能性が高いでしょう。

人気が高い法人カードとなるのが、JCB一般法人カードです。
年会費は税別1,250円とお手ごろなのも、持ちやすい要因でしょう。
他の発行元と比較すると老舗クレジットカード会社のJCBが発行している法人カードなので、安心して使えるメリットもあります。
JCB一般法人カードは、ETCカードを無制限で発行できます。
しかも発行手数料無料、年会費無料です。
法人カードでETCカードを発行するケースは多いですから、ETCカードのスペックを比較しておくのは大切でしょう。
またアスクルやタスカリマックスでオフィス用品を優待価格で買えるサービス、タクシーチケット、会計ソフトなど、あると役立つサービスが多い法人カードです。
色々比較をしたけれど1枚に決められない…というときは、とりあえずJCB一般法人カードを発行しておいても良いでしょう。

そしてオリコカードのEX Gold for Bizも、人気が高い法人カードです。
ゴールドクラスでありながら、年会費は税別2,000円(初年度無料)と格安です。
VISAのゴールド優待も、しっかり受けることができます。
EX Gold for Bizは法人向けのMと、個人事業主向けのSがあります。
比較をすると大きな違いはないのですが、多少異なる部分はあります。
Mは追加カードが3枚まで年会費無料で発行できます。
年会費無料なので、コストパフォーマンスは抜群に高いと人気です。
Sはキャッシングを利用することができます。
キャッシング可能な法人カードは珍しいのですが、EX Gold for BizSはそのうちの1枚となります。

アメックスビジネスゴールドも、人気が高い法人カードです。
年会費は税別26,000円と他のゴールドクラスと比較しても高めなのですが、アメックスならではのメリットがあるため人気です。
まず審査が柔軟な法人カードであることです。
開業間もない法人でもアメックスビジネスゴールドなら、発行できている例が多数あります。
それからアメックスというブランドに、価値を感じる方も多いです。
アメックスはステータスが高く、持っていることを自慢できるような法人カードです。
「アメックスホルダーである」という優越感に浸ることができるのです。
海外渡航時などに便利なサービスも多く、出張が多い法人にもおすすめです。

■法人カードのメリットを体験してみよう

経費の支出は現金で行っているでしょうか。
それならクレジットカード払いに切り替えるのがおすすめです。

クレジットカードには、個人事業主や法人を対象とした法人カードがあります。
コーポレートカード、ビジネスカードなどと呼ばれるものが、法人カードです。
今ではどのクレジットカード会社も法人カードを発行していますので、選択肢の幅も広がりました。
法人カードで支出を管理することによる、メリットは多くおすすすめです。

ただ個人事業主や中小企業など、規模が小さい法人が法人カードを導入している割合は25%くらいなのだそうです。
法人カードを使っているのは、まだまだ少ない…ということになります。
個人事業主だと個人のクレジットカードで間に合い、わざわざ法人カードを発行する必要はないと考えるようです。
中小企業でもクレジットカードが必要ならば、代表者個人のクレジットカードを使うということが多いようです。
しかしこれはもったいないです。
法人カードのメリットを知れば、法人カードを導入したいと思うはずです。

法人カードの発行方法は、通常のクレジットカードと変わりありません。
申込用紙のほか、オンラインでの申込も可能です。
オンラインは24時間好きなときに申込みができますし、法人カードによっては初年度年会費無料になるといったメリットもあります。
法人カードに申込むなら、オンラインが良いでしょう。

法人カードの審査に必要となる書類は、登記簿謄本、印鑑証明書、代表者の本人確認証、法人口座などとなります。
ただ個人事業主は、法人口座がなくても良いとする法人カードがほとんどです。

発行期間は一般のクレジットカードよりは、時間がかかると思っておきましょう。
申込から最短3営業日で発行、早ければ即日発行というクレジットカードもありますが、法人カードは早くても2週間程度が必要になるようです。
法人カードは書類のやり取りを何度かしなければならず、どうしてもすぐに発行…とは行かないのです。
2週間~1か月間くらいで使えれば良いという感じで、申込みをするようにしましょう。

あと必要なのは、法人としての信用です。
返済能力がなければ、審査で落とされてしまいます。
法人カードも種類が多々あり、審査基準もそれぞれに異なります。
審査基準を確認して、自分が発行しやすいと思われる法人カードを選ぶと良いでしょう。

法人カードをぜひ実際に使ってみて、メリットを感じてみてください。